歌をつくる人にまつわる話
The Story of Songwriters

(31) Bobby Troup Route 66!

Bobby Troup(1918-1999)

ルート66というのは、シカゴからロサンゼルスまでの国道66号線の事です。このルート上の都市を歌いこんだブルース仕立ての軽快な歌が”Route 66!”というわけです。

Bobby Troupの1946年の作です。ナット・キング・コールがその年にレコーディングしています。しかし、誰もが知るようになったのは60年代に、同名のテレビ番組が放送されてからのことです。

女優のジュリー・ロンドンの旦那さんで、彼女に歌を唄わせて大ヒットとなる”Cry Me A River”をプロデュースしています。ジュリーはボビーの翌年に追うようにして亡くなりました。

70年代ころから俳優もやっています。ジュリーに引きずられてのことだと思います。

いくつかのヒットソングを書いていますが、それらの中で私が好きな歌が2曲あります。

一つは”Girl Talk”の作詞です。もう一つは”Their Hearts Were Full of Spring”の作曲です。いずれもFour Freshmenが素晴らしいアレンジとコーラスを聴かせます。

後者はアカペラで歌われるのですが、バーバーショップの連中もレパートリーに入れて唄っています。ジャズのコーラスとバーバーショップのコーラスとは、同じアレンジで唄っても雰囲気が違うものに聞こえます

このネクタイはルート66、From Chicago To L.A.のロードマップです。今は売っていません。


  Index       Previous Next